失敗例の後遺症とは?

レーシックは、現在多くの方が受けている視力回復の治療法です。しかし多くの方が受けているからといって、絶対に安心して受けられるというものでもありません。

レーシックに対して必要以上に心配するのも問題ですが、全く心配しないというのも問題です。実際の失敗例や後遺症にはどのようなものがあるのかを知り、その上で自分は受けるべきなのかどうかを考えてみてください。

レーシックでの失敗例は、手術自体を失敗するというよりも、それ以前の段階でのミスが原因になっているものがあります。医療機器や設備が不衛生な場合、感染症を引き起こしてしまう可能性があります。こういうミスを起こすこと自体、医師として最悪とも言えるものなので、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

手術において角膜を切開するのですが、その時に深く切りすぎてしまうと、水晶体を傷つけて白内障になることがあります。フラップという小さいフタを作る時にミスしてしまった場合、不正乱視になってしまうこともあります。

このようにレーシックの失敗例や後遺症は、後になって治すことができないものがたくさんあります。どこで受けるのか、そこの医師は本当に信頼することができるのかしっかりと調べておき、安心できる状態で手術を受けるようにしてください。


このページの先頭へ