乱視でも視力回復し矯正できるのか?

視力を回復させることと聞くと、近視のことが真っ先に出てきます。しかし視力低下は近視だけではなく、乱視という問題もあります。

乱視は、角膜や水晶体が歪んでしまうことにより、像が網膜に届くまでに乱れてしまう状態のことです。重度のものになると矯正する必要があるため、視力回復と同様に重要視されていることの1つです。

レーシックは、角膜部分に生じた歪みを直すことによって、視力回復効果が得られるものです。これは近視だけではなく、乱視にも高い効果を発揮してくれます。近視のことばかり気にする人が多いためあまり目立つことはありませんが、レーシックによる矯正はそれ以外の問題も解決することができるのです。視力のことで問題を感じているのであれば、最初から諦めてしまうのではなく、どんなことでも医師に相談してみましょう。

レーシックは、今あるもので技術が完成しているというわけではありません。ここれからもさまざまな新技術が登場する可能性を持ったものです。目が悪くなったら眼鏡やコンタクトレンズを使用すれば良いといっても、快適に生活するためには根本部分から治療することが必要です。将来的にはもっとさまざまな症状に対応したものが登場するかもしれませんね。



このページの先頭へ