手術に年齢制限はあるのか?

レーシックは簡易的なものと言っても、手術を受けることに違いはありません。さらには目に関するものなので、とても慎重にならなくてはいけないものです。レーシックで手術を受けるためには、年齢制限をクリアしなくてはいけません。

おそらくほとんどの方が大人になってから受けようとするので、年齢制限について考えたことがなかったという方もいるでしょう。しかし現実問題として、18歳未満の方は受けられないという壁があるのです。

レーシックの手術に年齢制限があるのは、成長期を避けるという意味があります。体が成長するときに大きくなるのは、何も身体だけに限った話ではありません。角膜も含めた眼球も大きくなっていくのです。

せっかく治療を受けたのに、身体が伸びたことで歪みが出てしまうこともあります。そうなると、視力回復どころか視力低下に繋がってしまう可能性があるのです。

下限は18歳以上ということですが、それなら上限はどうなるのかということになりますが、こちらはそんなに厳しいものではありません。ある程度になると厳しいという意見も出て来ますが、医師に相談して問題ないと判断されれば大丈夫です。これから治療を受けようと思っている方は、まず自分が受けられるのかをチェックしてみてください。



このページの先頭へ