生命保険・医療保険の適応となるのか?

レーシックの手術料は、けっこうお金がかかるものです。効果を考えれば安いと思えるかもしれませんが、実際に払うとなると高く感じてしまうことでしょう。

視力回復とは言え、手術を受けるものなのですから、生命保険・医療保険が適用されるのではと思われる方もいると思います。しかしレーシックで生命保険・医療保険の適応となるのかというと、これがけっこうむずかしい問題なのです。

レーシック自体は、絶対に受けなければいけないというものではありません。それでも治療を受けたいという方のために、保険会社はお金を出してくれたのですが、これを利用する悪質な人が出てくるようになったのです。

生命保険に加入して、手術後に保険金を受け取って即時解約という例がたくさんでてきたため、保険会社も警戒するようになったのです。

歯列矯正やインプラントと同様に、視力矯正は命の危機に関わるようなものではありません。さらにはこの制度を利用して、悪質な利用をする方も登場してしまいました。そのため生命保険・医療保険の適応はむずかしいものだと思ってください。100%無理だというわけではないので、相談してみるだけの価値はあると思いますが、過度な期待はやめておきましょう。


このページの先頭へ