レーシック手術のQ&A

視力回復の方法として急速に普及しているレーシックですが、ある程度のことは知っていても、やはり不安があるという方も多いのではないでしょうか。
ここではレーシック手術のQ&Aでよくあることをまとめていきます。

40歳以上のレーシックの選び方

年齢の経過とともに気になってくるのが、老眼です。老眼自体は45歳くらいから現れてくるものですが、対策をするなら40歳くらいからが適していると言われています。そのため、40歳以上の...

老眼を治療できる最新技術とは?

老眼を治療できる最新技術は、アキュフォーカスというものです。これは片方の目の角膜に薄いリングを埋めこむというもので、これが光を細かく調節することで、ピントが合うようになるの...

乱視でも視力回復し矯正できるのか?

レーシックは、角膜部分に生じた歪みを直すことによって、視力回復効果が得られるものです。これは近視だけではなく、乱視にも高い効果を発揮してくれます。近視のことばかり気にする...

手術に年齢制限はあるのか?

レーシックの手術に年齢制限があるのは、成長期を避けるという意味があります。体が成長するときに大きくなるのは、何も身体だけに限った話ではありません。角膜も含めた眼球も大きくな...

日帰りができるレーシックはあるのか?

レーシックの手術自体はシンプルなものですが、適応検査も含めなければいけないため、検査日と手術日をわける必要がありました。しかし日帰りで受けられる所もあるのを、みなさんはご存じでしょうか...

生命保険・医療保険の適応となるのか?

視力回復とは言え、手術を受けるものなのですから、生命保険・医療保険が適用されるのではと思われる方もいると思います。しかしレーシックで生命保険・医療保険の適応となるのかというと、これがけっこうむ...

レーシック費用の医療費控除を受けるには?

医療費が高額のものになると、医療費控除を受けることができます。レーシックは費用が最低でも10万円を超える高額なものなので、当然対象になります。しかしこのことを知らない人は意外と多く...

オルソケラトロジーは手術をしないで視力回復

オルソケラトロジーは、就寝時に矯正用のコンタクトレンズを装用することで、近視を矯正できるというものです。就寝時に装用するだけなので、日常生活は裸眼で過ごすことができ、いつの間にか視力回復効果が...

これだけは知っておいてください

気になるものとして、誰でも受けられるのかというものがあります。身体が成長期にある方の場合、手術を受けた後で極端に視力が低下してしまう可能性があるため、18歳未満の方は受けることができません。60歳以上の方の場合は、医師が判断して適正と認められれば受けることができるので、まずは相談することからはじめましょう。

レーシック手術自体がどういうものなのかというのも、気になる人はたくさんいます。手術をする時は、麻酔をしてフラップを作成し、レーザーで角膜を修正してからフラップを戻し、洗浄をするという5ステップにわけられています。ただし方法次第では別な流れになることもあるので、自分が受けるタイプのものでの説明を受けるようにしましょう。

この他にもQ&Aで取り上げられていることはたくさんありますが、事前に医師から説明されることばかりなので、ここでは割愛します。これから治療を受けてみようと思っている方は、まず適応検査を受けることになるので、その時に気になることを質問してみてください。

このページの先頭へ