ウェーブフロントレーシックで不正乱視を矯正

眼球がとらえる光にズレが生じてしまうと、それが原因で近視や乱視といった状態になってしまいます。ウェーブフロントレーシックは、可変的なレーザー照射を行うことにより、このズレを限りなく除去することができます。

人間の目は、角膜・水晶体を通すことで目の奥に映像が入ってくるという仕組みになっています。しかしこれらの部位を通る時に、少しずつ歪みが生じてしまうのです。

逆に考えれば、この部分をなんとかすることによって、視力回復効果が望めるということです。ちなみにこのズレを完全になくすことができれば、なんと視力4.0という数字になるそうですが、さすがにそこまでする必要はありませんし、無理なことです。

ウェーブフロントレーシックが持つ特徴の1つとして、角膜の切除量を軽減するという効果があります。これにより強度の近視・乱視や、角膜が薄いので手術が受けられなかったという方でも、適応できるようになりました。

もちろん個人差によるものなので、全てのケースでそうであるとは言いきれませんが、今まで手術を受けられなかった方にも可能性が出てきたというのは、大きなメリットです。こういう方法もあることを知っておけば、対応する病院を含めて探すことができますね。



このページの先頭へ