イントラレーシックはドライアイになりにくい

レーシックの手術を受けると、ドライアイになりやすいという話を良く聞きます。この原因は、フラップを作成する時に角膜の表面を削る際、角膜の神経の一部を切断してしまうために起こるとされています。もちろん絶対になるというわけではありませんが、その可能性を少しでも減らすことができるものとして、イントラレーシックがあります。

手術の時にレーザーを使用することで、角膜に接触することがなく、ドライアイの発症率を抑えることができるようになりました。これまで術後はドライアイを起こしやすいため、目薬や軟膏、類点プラグを鼻涙管に挿入して治すという方法が用いられてきましたが、その心配がほとんどなくなるのです。

しかし、このような情報は絶対ではありません。あくまでもなりにくいというものなので、100%ならないというわけではないのです。このことは事前に説明があるので、しっかりと医師の話を聞いておくようにしてください。

100%ではないといっても、従来までの方法に比べれば、はるかに負担が小さくなるのは事実です。このことから、多くの眼科がこの方法を用いるようになりました。ただし元から症状があるという方だと話が変わってくるので、そのことも含めてしっかりと相談するようにしましょう。



このページの先頭へ