エピレーシック(強度近視の視力矯正)とは?

エピレーシックは、エピケラトームという機械を使い角膜の上層部分だけを削り、レーザーを照射して視力を回復させるというものです。この方法で作ったフラップは数日後に剥がれ落ち、新しい角膜上皮が再生します。このことから、通常の方法とは異なり、強い衝撃を受けてもフラップがずれることがないというメリットがあります。

エピレーシックは外部からの衝撃に強いという特徴があるため、スポーツや格闘技をやる人に最適な方法です。フラップを作成する時にアルコールを使用しないので、それに伴って後遺症が発生する可能性がないという特徴もあります。

しかし全くデメリットがないというわけではありません。手術後は角膜上層がない状態なため、痛みを伴うケースがあります。これに関しては個人差がありますが、目を保護するコンタクトレンズを装用することで対処します。

エピレーシックだけが全てではないので、この手術方法のメリットとデメリットをしっかりと知ってから、どんな方法で視力回復をするのか考えてみてください。もしかしたらもっと自分に適した方法が見つかるかもしれませんし、そうではないかもしれません。自分だけで判断するのではなく、しっかり相談して決めるようにしましょう。



このページの先頭へ