コンタクトレンズとレーシックどちらが費用的にお得?

コンタクトレンズとレーシックは、どちらが費用的にお得なのかは、とても気になる問題です。コンタクトレンズ自体はそれほど高いものではなく、レーシックは手術料がとても高いものです。

そのため一見するとレーシックの方が高いように見えますが、実際にはそうではありません。いくら安いものだといっても、毎日使い続けるものですからどんどんお金がかかってしまいます。さらにケア用品にもお金がかかるのですから、実はコンタクトレンズ自体けっこうな出費になっているのです。

大ざっぱな比較になりますが、視力回復手術は20~50万円近くかかるものです。そしてコンタクトレンズの場合は、10年も使い続けると40~80万円はかかってしまいます。実際問題、手術を受けてからどれほど長続きするのかにもよりますが、このデータを見るとどちらがお得なのかは一目瞭然です。

一度に払うお金が大きいと、それだけでとても高いものに見えてしまいます。しかしその後どれだけの期間利用するのかも含めて考えると、どちらが得なのかは明らかです。しかし、絶対にどちらが良いとは言いきることはできません。だからこそ自分にとってどちらが費用的にお得なのかはしっかりと考えて判断できるようにしましょう。


このページの先頭へ